漢方薬と五行説・五臓六腑の関係性とは

【五行説について】

自然の全てがこの五行説に基づいていると中国医学では考えており、「木・火・土・金・水」の五つの物質です。
人間も自然から生まれたものですので、この五行にあてはめて診断します。

中医師が診断をする際は触診の他、症状につながる経絡上に出ている反応などもとても注意してチェックします。
また、経絡上からのサインをしっかりと掴む事で、疾患などを発見出来る事も可能なのです。

経絡からのサインをこの五行にあてはめて、さらに五臓とリンクさせていく事で、「木・火・土・金・水」の中のどの漢方薬を処方すればよいのかを見抜ける医師こそが漢方ドクターなのです。

ではどのような五臓とリンクさせていくのでしょうか?

【五臓について】

内臓の話を聞く際に、五臓六腑などという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?
中医学ではこの五臓をフォーカスし、「肝臓・心臓・脾臓・肺・腎臓」にあたりそれぞれ経絡を経てどのような働きをするのかなども分かるのです。

たとえば舌をチェックした時に色が悪かったり、舌の形が気になるという症状がみえると神経系に問題がある可能性があり、循環器である小腸や心臓を癒す為の漢方を処方するといった方法です。

また、眼や目の周りに元気がない場合は、肝臓が弱っているのでは?というよく聞く話しも五行・五臓の関係性なので、昔から私たちの周りでも話されている事なのです。

【内臓と経絡】

体の中心部である内臓、そして体の全てにつながっている経絡ですが、どこか一つでも調子が悪くなってしまえばもちろん全ての機能に影響を与えてしまう事になります。
だからこそ、悪くなった部分だけではなくその部分と繋がっている経絡をとのネットワークもみていく必要があるのです。

人間の基礎と言われる五行説や五臓とのバランスが保ててこそ健康でいられるのですが、もちろん調子を壊してしまう事もあります。
自然から作られる漢方の薬にももちろん「木・火・土・金・水」それぞれ得意な効き目があるので、それを上手く調合させて体を元の状態に戻す手助けをしてくれるのです。