天然の生薬漢方薬の効果を語る

【漢方薬の効果について】

漢方といえば、じっくり時間をかけて体質改善と共に治療していくというイメージが強いです。
胃腸の不調や、頭痛といった症状が出た時には漢方薬を飲もう!となる人は少ないかもしれません。

一時的に症状を抑えてくれる医薬品もたくさんあり、薬局でも買う事ができる為、漢方となればわざわざ..と思ってしまう人も多いでしょう。

しかし、胃腸の不調を和らげてくれる漢方や頭痛を治してくれる漢方もあるのです。

胃腸の調子が悪い場合は、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)や大柴胡湯(だいさいことう)などの漢方を処方される事もあり、胃腸不調からの不眠や、口臭、便秘や肩凝りに効果があります。

これらの症状を改善していく事で胃腸も元気にしていくのです。

また、軽めの頭痛でしたら釣藤散(ちょうとうさん)、風邪からくる頭痛でしたら葛根湯(かっこんとう)、めまいやのぼせ、手足の冷えからくる頭痛でしたら加味逍遥散(かみしょうようさん)などがあります。

これらも、頭痛で一括りにするのではなく、頭痛の中でも症状を分けて考えて、どのような漢方が合うのか?と考えれば効果は的中するのです。

【漢方薬の副作用について】

天然の生薬であるので、副作用の心配が全くないように思ってしまいがちですが、実は副作用がない!とは言い切れません。
もちろん漢方自体は天然ですの、化学物質が入っているわけでもないので安心して摂取できるものなのですが、摂取のしかたが問われてきます。

たくさんある漢方の種類ですが、大きく「上薬」「中薬」「下薬」に分けられると漢方について書かれた最古の薬物書である「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」に書かれています。
これを読むと分りますが、長期でゆっくり時間をかけながら健康体にしていく漢方には「上薬」が使われ長期で摂取しても毒性の心配はありません。

しかし病気を治すスピードが速いのはいいのですが、その反面毒性が強いと言われているのが「下薬」で、これは副作用を生じやすいのです。

いくら早く治したいからといって毒性の強い漢方を処方してしまってはだめですよね?
なので、漢方の副作用についても処方するドクターにかかっていると言えるのです。

このように天然の生薬である漢方の効果や副作用について知る事ができたので、よい中医師に出会い、自分の体と症状に合った漢方を処方してもらう事で、安心して治療に励む事ができますね。